動画を加工するには?定番の動画編集アプリを紹介

今日からあなたも動画のプロフェッショナル!

話題の動画編集アプリを使いこなそう!

写真はともかく、動画編集となると一気にハードルが高くなったように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 無料で提供されている動画編集アプリを使えば、特別なスキルがなくてもスマホだけでプロ仕様の本格動画を加工編集し、配信することができます。 さっそく使い方を見ていきましょう。

より手軽に動画が編集できるアプリ

スマホの動画編集アプリは、それまでPCでしか加工できなかったオリジナル動画を手軽にデザインし直せるという意味で大きな変革をもたらしました。 ここでは特に手軽さにスポットをあて、子どもでも簡単に本格的なオリジナル動画が編集できるアプリを御紹介します。

スマホでもここまでできる!おすすめアプリ

スマートフォンの普及および高機能化により、大容量の動画や音楽を個人でも手軽に配信できる時代になりました。
撮影した動画をそのまま配信するだけでなく、加工編集アプリを利用して不必要な部分を省いたり、効果音を付け足したりとエンターテイメント要素を盛り込むことも可能です。
また、動画にテロップやふきだしを挿入することで補足情報を付加してよりわかりやすく加工することもでき、会議のプレゼン資料として活用することもできます。
ほとんどの動画編集アプリは公式マーケットから無料で提供されているため、それほどコストをかけることなく本格的なオリジナル動画を作成し、いくつもストックしておくことができます。
一方で、動画編集アプリを利用するにあたっては法的な権利問題も大きく関わってきます。
動画の加工方法次第では第三者の許諾が必要になる場合もあり、法的な知識もなく動画を安易に配信すれば後々思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではありません。
特にSNS上で動画を配信するにあたってはあらかじめ著作権などの法的知識を仕入れ、第三者の権利を知らぬ間に侵害しないよう配慮する必要があります。
このサイトでは最新の動画編集アプリを紹介し、動画編集アプリでできることを解説するとともに、動画を全世界に公開するにあたって留意すべき事柄についてまとめました。
ビジネスからエンタメまで幅広く活用できる動画編集アプリの魅力を知り、暮らしをより豊かに楽しくデザインしましょう!

動画をSNS上で公開する注意点

アマチュアであっても誰もがスマホ片手にオリジナル動画を作成し、SNSに発信できる時代になりました。 加工編集した動画をアップする前に、まずは著作権などの法的権利についての基礎知識を身につけ、予期せぬトラブルに巻き込まれるリスクをあらかじめ軽減する必要があります。

TOPへ戻る