今日からあなたも動画のプロフェッショナル!

動画をSNS上で公開する注意点

動画公開につきまとうプライバシー問題

完全なプライベート動画でないかぎり、撮影した動画には必ず無関係な第三者が映り込むことになります。
公人でなければたとえ動画に映り込んだとしても特に問題はありませんが、それはあくまでも法律の観点から見た話であり、倫理的に考察する余地は依然として残ります。
たとえば、自分自身が公園などで何気なく食事をしている姿が見知らぬ他人の動画に映り込んでいたら、直接訴えるかどうかはともかく、少なからず違和感が残るでしょう。
その動画がSNS上に拡散することになれば自分の顔が全世界に知れわたることと同じことになり、これも一種のプライバシー侵害と言えなくもありません。
基本的なマナーとして、公的な場所では極力第三者が動画に映り込まないようにし、どうしても映ってしまったら加工編集アプリによって修正するなどの配慮を施しましょう。

アマチュアでも知っておきたい動画と肖像権

SNS上に公開されている動画のなかには、著名人と一緒に撮影したものや、偶然にも芸能人が映り込んでいるものが見られます。
一般に芸能人は公人と考えられており、そのプライバシーを保護するために肖像権が法的に認められています。
これを動画の加工編集にあてはめると、芸能人が映り込んでいる動画をSNSなどに一般公開する場合は原則として所属事務所などの許諾が必要であり、無断で公開することは本来であれば許されません。
しかしながら、日本では私人側の権利と利便性を担保するため、私的利用にかぎっては無許諾での動画および写真の公開が認められています。
言い換えれば営利目的での公開、たとえば動画そのものをアフィリエイトに利用するなどのケースではロイヤリティが発生し、それを無視すると肖像権濫用に問われる可能性がありますので、充分に注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る